こしあん入りどら焼き「ほうらいばし」

ブログ

こんにちは、島田球場近くの和菓子店「ホームラン堂」です。

今回は、幅広い年代の人々に親しまれている「ほうらいばし」をご紹介します。

こしあんの入った、ふんわりなめらかなどら焼き

「ほうらいばし」は、こしあんが入ったどら焼き。

ほうらいばし 

どら焼きといえば、一般的にはつぶあん入りのものがほとんど。

そんな中で「こしあんのどら焼きが食べたい!」という、こしあん好きのお客様の希望を受けたことから、このどら焼きは生まれました。

こしあんが入ったことで、なめらかな口当たりになり、ふんわりとした皮ともあいまって、軽くやさしい食感です。

実は、もともと「ほうらいばし」は別の和菓子でした。

しかし、味わいが似ていたことと、どら焼きの形がよりお客様に親しまれるのではと考え、こしあんのどら焼きが「ほうらいばし」となったのです。

今では多くのお客様に親しまれ、お店の定番商品となりました。

縁起のよい島田の名所が由来。差し入れにオススメ!

名前の由来となった蓬莱橋は、ホームラン堂からも近い島田の名所。

大井川にかかる木造橋で「世界最長の木造歩道橋」としてギネス登録されています。

長さ897.4メートルから「やくなし=厄無し」の語呂合わせで、縁起のよい橋としても知られているんです。

そんなおめでたい名前がつけられた、ホームラン堂の「ほうらいばし」。

つぶあん入りの「ホームランどら焼き」とともに、差し入れにぴったり。

試合前の選手たちへ、縁起のよいおやつを贈ってはいかがですか?

島田球場から徒歩1分。ホームラン堂へぜひお立ち寄りください

ホームラン堂は、島田球場から歩いてすぐ。

島田駅からも徒歩5分ほどの距離にあります。

野球選手の看板が目印。

「ほうらいばし」をはじめ、季節の和菓子もいろいろと取り揃えています。

ぜひお気軽にお立ち寄りください。